0816%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90.jpg
<写真・メダルを首にかけ、笑顔を見せる部員たち>

 8月16日、大阪府キンチョウスタジアムにて第39回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント決勝が行われた。関西第1代表の関学は関東第1代表の明大と対戦。2ー0で完封勝利を果たし、創部初の総理大臣杯優勝を成し遂げた。
 両者譲らずスコアレスで前半を終える。しかし、後半ついに試合が動く。同34分、途中出場のMF池田(商4)が右サイドから直接ゴールへ押し込み先制点を上げる。そして同41分同じく途中出場のFW中井(法2)が試合を決定づけるゴールを決め、関学が2ー0で勝利。昨年度全日本インカレ準優勝、日本一を取ることができなかった悔しい思いを晴らすため、『関西制覇、日本一』を目標に掲げる関学サッカー部。見事、総理大臣杯で日本一を果たした。

試合後のコメントはコチラ

このページの先頭へ