151010%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・前半44分、先制点を挙げた中村を祝福する関学イレブン>

 10月10日、兵庫県姫路獨協大学にて、平成27年度関西学生女子サッカー秋季リーグ第4節・追大戦が行われ、関学は1ー0で勝利した。
 前半攻め込まれる場面が目立つも、関学はDF池田(社1)らの体を張ったディフェンスで猛攻をしのぐ。再三のピンチを防ぎ迎えた44分、相手ゴール前の混戦からMF中村(総2)にボールが渡ると左足一閃(いっせん)。ゴール前右隅に決まり、関学は待望の今季初得点で先制に成功した。後半はDF堀川(社2)の負傷離脱があったものの高い集中力で反撃を許さない。追大を無失点に抑えた関学は創部初の1部での白星を手にし、インカレ出場への望みをつなげた。
 次節は18日、大阪府追手門学院大学グラウンドにて15時15分より聖泉大と対戦する。

試合後のコメント
主将DF荒川愛恵(文4)「素直にうれしいし、とにかくほっとした。この1週間『チームで戦わないと勝てない』と言ってきた。みんながチームのために何をすべきかを考えた結果だと思う。ただ内容としては良くなかった。課題を徹底的に直して、勢いに乗って次節に臨みたい」
先制ゴールを挙げたMF中村未波「(ゴールシーンについて)当たり損ねたけど運が味方してくれた。うれしいが、自分たちの目標はインカレ出場。あしたから気持ちを切り替えて、次に向けて照準を合わせていきたい」

このページの先頭へ