20151101josaka.jpg
<写真・試合終了のホイッスルとともに倒れこむMF中村(総2)>

 11月1日、関西学院第4フィールドにて平成27年度関西学生女子サッカー秋季リーグ戦最終節が行われ、関学は大国大と対戦。0-2で敗れ、リーグ戦7位となった。
 立ち上がりから大国大にペースを握られる。しかし、関学も数少ないチャンスを生かし、ボールをゴール前まで運んだ。前半分に失点するも、MF与儀(総4)やMF山口(人3)からクロスを上げ、チャンスを作り続けた。後半分には大国大に追加点を許し、0-2で黒星となった。
リーグ戦7戦はきょうで終了。7位となった関学は11月8日15時30分より、大阪体育大学にて2部2位の関大と1部2部入替戦に挑む。

試合後のコメント
主将荒川愛恵(文4)「これが引退試合にならなかったのが救い。応援もたくさん来てくれて、愛されているチームだと再認識できた。応援団にも一体感があって感謝しなければならないところ。次戦絶対に勝って、後輩に1部残留を残したい」

このページの先頭へ