20151210%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90.jpg
<写真・2点目が決まりハイタッチをする出岡(左)、呉屋>

 12月10日、東京都江東区夢の島競技場にて第64回全日本大学サッカー選手権大会2回戦が行われた。関学は1回戦を勝ち上がった札大(プレーオフ枠)と対戦。3ー2で勝利し、準々決勝進出を決めた。
 試合開始早々、MF出岡(人3)がゴールを決め関学が先制したが、直後に失点。同点に追いつかれる。しかし、前半18分、24分に続けてFW呉屋(人4)がゴール。3ー1で折り返した。後半は両者なかなか得点に結びつかず、時間が過ぎる。同39分に札大がゴールを決め3ー2に。関学はなんとか相手の反撃をしのぎ、試合終了。3ー2で札大に勝利し、準々決勝進出を果たした。なお、今試合のマンオブザマッチに先制点を上げた出岡が選ばれた。
 次戦、準々決勝は13日、13時30分より東京都町田市陸上競技場にて行われ、流経大と対戦する。

試合後のコメント
成山一郎監督「3点取るまではしっかりプレーできていた。3点取った後、一休みしてしまった。その力が抜けた瞬間にゲームの流れを持っていかれて、最後まで取り返せなかった。(次の流経大戦は)大一番。相手に踊らされないように、自分達が今までやってきたことを信じてやるだけ」
主将DF井筒陸也(社4)「もっと点を取ることができた。2点差だと最後に押し込まれてしまう。前が決めるところを決めて、後ろが我慢できないと一筋縄ではいかない。90分トータルで考えなければいけなかった。去年のインカレでの悔しさからすべてが始まった。その思いを結果につなげていければと思う」
先制ゴールの出岡大輝「きょうは決めてやろうという気持ちだった。俊介(MF森・人3)が良いクロスを上げてくれたので、合わせるだけでした。俊介に感謝です。去年は僕はインカレに出ていないまま負けてしまったので、今年は絶対に勝ちたい。応援してくれている人や4年生の思いを背負って頑張りたい」
決勝弾を決めた呉屋大翔「2点取ったけど物足りない。プレーのクオリティーも低かった。判断が遅くてゴールにつながらなかったり、どのプレーもいつも通りではなかった。初戦は難しいと言うが、今回は自分たちで難しくしてしまった。もっと危機感を持って試合に入るべきだった。今大事なのは準々決勝。そこを勝たないとその先が見えてこない」

このページの先頭へ