20151219%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90.jpg
<写真・トロフィーを掲げる井筒を中心にとびきりの笑顔を見せる部員たち>

 12月19日、埼玉県浦和駒場スタジアムにて第64回全日本大学サッカー選手権大会決勝が行われた。関学は阪南大(関西地区第2代表)と対戦し、4ー0で勝利。インカレ決勝では約30年ぶりとなる関西勢対決を制し、見事初優勝を果たした。
 前半14分、MF小林(法4)のパスからMF出岡(人3)が先制点を決めると、同28分にも出岡がゴール。同37分には小野のCKからDF米原(商3)が頭で押し込み3ー0となる。極めつけには同41分にゴール前の混戦からMF福冨(経4)が前に落としたボールに反応した出岡がシュートを放ち追加点を決めた。出岡はハットトリック達成となった。後半はスコアが動くことなく、試合終了。阪南大の攻撃陣を無得点に抑え、4ー0で関学がインカレ初優勝を飾った。また、関学はこの結果、今年度の関西選手権、総理大臣杯、関西学生サッカーリーグ、インカレを制し4冠を達成した。
 なお、最優秀選手にはDF主将井筒(社4)、ベストFWに出岡、ベストMFに森俊(人3)、ベストGKに上田(人2)が選ばれた。


試合後のコメントについては後ほどTwitter上にてアップする予定。

このページの先頭へ