20160319%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg
<写真・素早いドリブルで得点チャンスをつくる武田>

 3月19日、東京都早稲田大学東伏見グラウンドにて第93回早関サッカー定期戦が行われた。関学は昨年度関東リーグ戦覇者早大に0ー3で敗北した。
 前半11分、相手に先制点を奪われ、追う試合展開となる。得点のチャンスを生み出すも点数には繋がらず、後半を迎える。後半21分、2点目を追加され完全に早大ペースとなり、無得点のまま試合終了。関学は敗北を喫し、昨年度定期戦に続く勝利とはならなかった。

試合後のコメント
今試合ゲームキャプテンを務めた武田侑也(社3)「立ち上がりに1点を奪われ、早大を追う展開になってしまった。前半の内容は良かったが、後半2点目を取られてからは勢いを持っていかれ、途中で立て直すことができなかった。勝負のときこそ結果を残さなければ、また日本一にはなれない。この危機感を忘れず、チームで戦っていきたい」

このページの先頭へ