20160320%E3%80%80%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg
<写真・強烈なシュートを放つ出岡>

 3月20日、神奈川県等々力陸上競技場にてDENSO CUP SOCCER第13回大学日韓(韓日)定期戦が行われた。関学からはDF高尾(経1)、MF出岡(人3)が先発出場。DF米原(商3)、DF小川原(人2)はベンチ入りとなった。試合は全日本大学選抜が全韓國大學選抜に2ー1で勝利した。
 前半26分、相手に1点を先取された全日本大学選抜。出岡が強烈なシュートを放つも相手GKにキャッチされ得点ならず。無得点のまま後半を迎えたが、同42分、同点ゴールを決めて勢いを取り戻す。そして同44分、2点目を追加し全日本大学選抜が逆転勝利を果たした。

試合後のコメント
関学サッカー部男子主将米原祐「マレーシア遠征では外国人選手と試合をしたので、プレーの幅が広がった。今試合ではスタメンではなかったが、ベンチで何ができるのかを学ぶことができた。今回の経験をチームに生かしながらも、チーム内のレギュラー争いに負けないように頑張りたい」
ボランチとしてピッチに立った出岡大輝「前半は韓国チームの早い攻撃に耐えるのが少しきつかったが、後半修正してうまく持ち直して、勝つことができ良かった。だが、自分自身は得点チャンスでうまくシュートを決めきれなかった。シュートの決定力が今後の課題になってくる。関学に戻ったらまずこのことを克服し、個人ではタイトルの獲得を、チームではリーグ連覇を目指したい」
右SBとして先発出場の高尾瑠「前半は押し込まれることが多かったが、後半からはペースをつかめた。関学とは違う、自分が外にポジションを取るサッカーでそれに合わせることができた。課題はCB(センターバック)のカバー。(4月上旬から始まる)リーグ戦ではゴールを決めたい」

このページの先頭へ