%E3%80%8020160505.jpg
〈写真・びわスポ大に敗れうなだれる選手たち〉
 5月5日、 大阪府キンチョウスタジアムにて第94回関西学生サッカーリーグ(前期)第5節が行われた。試合は昨年度8位のびわスポ大に1ー2で敗北を喫した。
 前半9分、DF米原(商4)のアシストからMF宮村(商4)が先制ゴール 。このまま勢いに乗るかと思われたが、チャンスで追加点を決めきれず、前半を1ー0で折り返す。後半、守備の甘さやパスの精度が落ち、同22分にロングシュートを決められてしまう。その後も守備を持ち直すことができず、同43分にまさかの失点。最後の最後に逆転されリーグ戦初黒星となり、連勝記録は4でストップした。順位も得点差で阪南大につぐ、3位となった。
 次戦は5月8日、14時より大阪府キンチョウスタジアムにて前期リーグ第6節が行われ、関学は昨年度7位の関大と対戦する。

試合後のコメント
成山一郎監督「前半は4連勝の良い雰囲気でプレーできていたが、後半、相手が積極的に前に出てきたことに対して対応しきれなかった。悪い雰囲気を断ち切るために選手交代をしても、変えることができなかったのは自分の采配が良くなかったから。しかし、敗北したことで、悪い流れの中、どう対処したらいいのか考え直すきっかけになった。次の関関戦では気持ちを切り替えて挑みたい」
主将DF米原祐「負けてしまって単純にすごく悔しい。やっぱりまだまだ力不足だということを教えてもらった試合だった。今後試合をしていく上で、どんなに流れが悪くても、勝ち切れるか負けるかが大きな差になってくる。昨年の立命大戦以来久しぶりの負けだが、一喜一憂することなく次戦は必ず勝ちたい」

このページの先頭へ