20160522%E3%80%80%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg

<写真・連続失点後追加点を決めた塩谷>

 5月22日、 大阪府JーGREEN堺S2フィールドにて第45回関西学生サッカー選手権大会4回戦が行われ、関学は関国大に4ー3で勝利した。
 前半4分、関国大に攻められまさかの失点。だが同7分、FW出岡(人4)がドリブルで切り込みゴールを決めると、同10分MF塩谷(法4)からのパスに合わせ連続得点を挙げた 。さらに同18分、DF岡山(法4)からの右クロスにMF武田(社4)がゴール中央へ強烈弾。しかし、その後流れをつかみきれず連続失点を許してしまう。後半10分塩谷の追加点も、再び得点を決められるが、なんとか逃げ切り勝利した。
 次戦は5月28日、13時半よりJーGREEN堺メインフィールドにて同大会準々決勝が行われ、関学はびわスポ大学と対戦する。
 
試合後のコメント
主将DF米原祐(商4)「立ち上がりがあまり良くなかった。前節が良い内容だった分、今節につなげられなったのは残念。もっと練習やアップを突き詰めて1週間取り組んでいきたい」
連続失点後値千金の追加点を決めた塩谷知哉「思うようにいかない時間が多かった。昨年は準々決勝まで順調に進めていた分、そのイメージを持ってプレーしてしまっているところがある。昨年と今年は違うことを意識してやっていく必要がある」

このページの先頭へ