160810%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90.jpg

<写真・第4フィールドで練習を行う部員たち>

 8月8〜10日、関西学院大学にてサッカー部男子がスポセン合宿を行った。今回の合宿は部員全員が参加する初の試みだった。午前ではミーティングを行い、午後からはカテゴリーに分かれて練習場である第4フィールドで汗を流した。最後のミーティングでは合宿で学んだことを各班で話し合い、最後には4年生が作成した動画が流された。後半戦に向け、全員が新たなスタートを切った。

合宿後のコメント
米原祐(商4)主将「前期でやってきたことは物足りなかったし、目標や目的がチームに浸透していなかった。一度決めたことに対してチームで再認識するため、今回全員で合宿を行おうと思った。3日間を通して違うカテゴリーの部員とも関わることができた。ここからは同じ方向を向いて全員で再スタート。一人一人が学んだことに対してどう感じたか、そこからどう行動に移すかが大事になってくる」

このページの先頭へ