160914%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90.jpg

<写真・試合後、スタンドの応援団と笑顔でバンザイする選手たち>

 9月14日、 大阪府J-GREEN堺メインフィールドにて第94回関西学生サッカーリーグ(後期)第2節が行われ、関学は大教大に3ー0で勝利した。
 前半中盤までは両者思うようなプレーができなかった。前半36分にようやくMF魚里(商3)がMF森(人4)からのパスに合わせ先制。同41分には森のクロスにFW青木(国4)が右足で決めた。前半は2-0で折り返すと、後半5分、MF山本(国1)がゴール。危ない場面もあったが、体を張り無失点で試合終了。開幕から2連勝となった。
 次戦は18日、14時より大阪府JーGREEN堺メインフィールドにて同大会第3節が行われ、関学は近大と対戦する。
 
試合後のコメント
成山一郎監督「完封できたのは良かったが、もう少し点は取れたと思う。無失点で終わったのは、相手が決めきれなかっただけ。(DF小川原(人3)ではなく武田(社4)がスタメンとなったが)小川原が良くなくて、武田の方が良かったから。次戦はどこが相手というのは関係なく、何をするべきなのか考えて準備するのみ」

このページの先頭へ