161002%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90.jpg

<写真・試合後、ハイタッチをするB2イレブン>

 10月2日、 阪南大学高見の里グラウンドにてIリーグが行われ、B1は阪南大学B1に2ー3で敗れ、B2は阪南大学B2に4ー0で勝利した。
 B1は阪南大学B1と対戦。後半28分、FW貴舩(経1)がPKを決め、2ー2と同点に追いつく。しかし、試合終盤での失点が響き、2ー3で痛い敗北となった。
 B2は阪南大学B2と対戦。前半12分、FW小野が先制ゴールを決め、1ー0。後半にもMF星野(経3)、MF難波(経3)、DF中西(国4)が決め、4ー0と圧勝。決勝トーナメントに向けて好調さをアピールする結果となった。
 次戦は2チームともに同大会最終節。10日、関西学院大学第4フィールドにて関国大Ⅰ、IIと対戦する。

試合後のコメント
中西康太副将「B2は結果は良かったが内容は褒められたものじゃなかった。勝ちが続いているからこそ、トーナメントに向けて気を引き締めないといけない。Bチームは元々若手が多いが、B1は4年生がおらず3年生中心のチーム。同じBチームだからこそ、お互いに練習からもっと求め合っていきたい」

このページの先頭へ