161030%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90.JPG

<写真・試合後、喜ぶB2の選手たち>

 10月30日、関西学院大学第4フィールドにてIリーグ2016関西年間総合優勝チーム決定戦準決勝が行われ、関学B2は阪南大B1に3―0で勝利し、全国大会への出場権を獲得した。
 前半6分、DF上尾(経3)のFKからMF宇都木(法2)が頭で先制点を決める。後半にも上尾のFKから6分にはDF中西(国4)、10分にはFW貴舩(経1)が追加点を決めた。この結果、関学B2の全国大会出場が決まった。
 次戦は11月3日に関大ULTRASとの決勝が行われる。

試合後のコメント
中西康太副将 「とりあえず12月までBチームでプレーできるのでほっとしている。実力差のない相手だったが、冷静な試合運びでプレーできていたのが勝因だと思う。結果は3―0ではあったが、内容は良くなかった。きょうの得点は全てセットプレーからの得点だったので、流れから得点を奪えるようにしたい。全国出場は決まったが、目標は関西制覇なので、プライドを持って決勝も戦いたい」

このページの先頭へ