161129%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90.jpg

<写真・スタンドの掛け声で喜びを分かち合うBチームの選手たち>

 11月29日、宮城県みやぎ生協めぐみ野サッカー場にて第14回全日本大学サッカーフェスティバル1回戦が行われ、関学は徳山大に3-1で勝利し、2回戦へ駒を進めた。
 前半9分、MF加藤寛(法3)が右サイドから自ら中に切り込みゴールを決める。その後同点に追いつかれ、1-1で後半へ。後半22、29分にはPKをしっかりと決め、3-1で勝利した。
 次戦はあす10時半、同会場にて2回戦が行われ、新潟医療福祉大と対戦する。

試合後のコメント
DF中西康太副将(国4) 「グランドのコンディションに風と天候も重なりやりにくかった。同点に追いつかれたがそこで追加点を与えず耐えることができたのが今回の勝因。次も難しい試合にはなると思うが、後のことは考えずまず勝ち切る」

このページの先頭へ