20170312%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・試合前に両校で記念撮影をした>

 3月12日、神戸総合運動公園ユニバー記念競技場にて第94回早関サッカー定期戦が行われた。関学は早大に1ー1で引き分けた。
 前半21分、相手に先制点を奪われ、追う試合展開となる。後半、逆転を狙いチャンスを再三生み出すもものにできず。後半21分、MF山本(国1)のパスからFW魚里(商3)が落ち着いてゴールを決め同点に。しかし、その後追加点を奪えず、同点で終えた。

試合後のコメント
下田義起主将(法3)「関東のチームはやはり強い。自分たちはまだまだだと感じた。最後まで応援団を含め勝ちたいと思う気持ちが続かなかったことが勝ち切れなかった理由。部の目標のひとつであるJリーグ撃破を達成するために予選は絶対に落とせない。緊張感を持って戦っていきたい」

このページの先頭へ