20170415%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg
<写真・2ゴール1アシストを決めた山本>

 4月15日、J-GREEN堺メインフィールドにて前期リーグ戦第1節が行われた。関学は姫獨大と対戦し5ー1で大勝をおさめた。
前半11分、DF髙尾(経3)からのパスをMF山本(国2)が落ち着いて決めて先制点。しかし同28分、相手に隙をつかれて失点した。悪い流れが続くかと思われたが同38分、本日2ゴール目となる山本のゴールで流れを呼び戻した。後半も勢いそのままに、同13分、同33分にFW魚里(商4)が得点。同35分に途中出場を果たしたMF中野(商3)がとどめの5点目を決めた。
 次戦は4月19日の15時30分、ヤンマーフィールド長居にて同大会第2節が行われ、関学は大経大と対戦する。

試合後のコメント
下田義起主将(法4)「開幕戦は大事という認識がしっかり浸透していた。落ち着いてボールを回せていた。前戦に続き隙をつかれて失点してしまっている。この事実をシビアに向き合いつつ、良い準備をして次戦に臨む」

このページの先頭へ