20171007%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1%E7%94%A8%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG
<写真・試合後、笑顔で他カテゴリーの選手と喜びを分かち合うB1チーム>

 10月7日、 関西学院大学第4フィールドにてIリーグ最終節が行われ、B1は関大ULTRASに3-2で勝利し、IリーグBブロック優勝を果たした。

 これまでの11戦を9勝1分1敗で2位のB1チーム。最終節は1位の関大ULTRASと対戦し、勝利した方がBブロックの優勝となる一戦となった。前半15分に先制点を奪われるも、同31分にFW田口(教4)が同点弾。同点で前半を折り返すと、後半22分に田口からの絶妙なセンタリングからMF柄脇(社3)がゴールを決めた。同27分にMF大塚(社4)のだめ押しを決まり、同31分に失点するもリードを守り3ー2で勝利。Bブロック優勝を果たし、来週から行われる全国大会を懸けたトーナメント戦進出を決めた。

試合後のコメント
B1のゲームキャプテン川崎隆平(人4)「最初チームが始動した時はチームが弱くて、心配な部分もあった。ここで優勝できたことは日々の積み重ねがあったからこそでうれしい。このチームは上級生と下級生のバランスのいいチーム。2つ勝てば全国大会へいけるので、B2チームと刺激し合いながら勝っていきたい」

このページの先頭へ