%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%98%E5%A5%B3%E3%81%95%E3%81%8B%E9%80%9F%E5%A0%B1%E7%94%A8.jpg
<写真・得点を喜ぶ中村(右)と選手たち>

 10月8日、びわこ成蹊スポーツ大学にて、平成29年度関西学生女子サッカー秋季リーグ戦2部第3節が行われ、関学は京教大に12ー0で勝利。開幕連勝となった。

 開幕戦を12-0で制した関学。前半1分、FW中村(総4)が決めると、同3分にもMF首藤(社2)からのパスをMF山崎(教2)が合わせ、いい流れをつくった。その後関学のペースで試合を運び、6-0で試合を折り返す。後半1分、またもFW中村が決め、いい立ち上がりとなった。しかし、その後はなかなか得点できず、ミスで相手にゴール前に迫られる場面も。それでも固いディフェンスで相手に得点を許さなかった。同20分にFW中村がMF池田(社3)のパスを頭で合わせて追加点。その後得点を繰り返し、12-0で、リーグ戦開幕白星となった。

 次節は10月15日、大阪教育大学にて第4節(対大教大)が行われる。

試合後のコメント
中村未波主将「アップの段階でチームの気が抜けている瞬間があったが、引き締めて立ち上がりからうまくいった。12得点以上取るという目標を掲げていたので、超えるべきだった。しかし前節よりテンポよく回すことができた。2部になってからパススピードが落ちてきているので、もっと自分たちのペースでボールを回せるようにしていく。来週も全てを懸けて、全員でいい試合にできるように戦いたい」

--

このページの先頭へ