%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%95%E5%A5%B3%E3%81%95%E3%81%8B%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・ゴールし喜びを表す中倉>

 10月15日、大阪教育大学にて、平成29年度関西学生女子サッカー秋季リーグ戦2部第4節が行われ、関学は大教大に8ー0で勝利。開幕3連勝となった。

 第1戦、第2戦ともに12-0で制した関学。前半3分、MF首藤(社2)がゴール前に弾かれた球をサイドからシュートし、先制。その後今季リーグ戦ですでに6得点を挙げているFW中村(総4)がサイドやこぼれ球を押し込むゴールで点差を開き、DF中倉(総3)も1年時ぶりに公式戦でゴールを決め、4-0で試合を折り返す。後半、球際に強い相手に苦戦するも15分、17分、20分に立て続けに中村が決めた。最後は途中交代のFW石淵(総3)が決め、ディフェンスも相手に得点を許すことなく、8-0で開幕3連勝となった。

 次節は10月22日、びわこ成蹊スポーツ大学にて第5節(対びわスポ大)が行われる。

試合後のコメント
中村未波主将「目標としていた5得点以上と無失点は達成できたが、内容はあまりよくなかった。ボールを失わずゴールまで向かう自分たちの目指すサッカーができていなかった。勝つ気持ちやポジショニングを修正して、次戦はもっとこだわって戦っていきたい」

このページの先頭へ