%EF%BC%91%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%94%E5%A5%B3%E3%82%B5%E3%82%AB%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・相手をかわす石淵>
 11月4日、神戸LFCにて、平成29年度関西学生女子サッカー秋季リーグ戦2部第5節が行われ、関学はびわスポ大に6-1で勝利。開幕4連勝となった。

 開幕3連勝の関学。昨年1部の秋季リーグ戦以来の対戦となったびわスポ大に、前半1分からFW石淵(総3)が先制した。同21分にMF中村(総4)が追加点を決めた後、同27分に失点。しかし同28分にMF嶋垣(教3)の好プレーから石淵が追加点を決め、3-1で試合を折り返す。後半は相手の好守備に阻まれるも、中村、石淵がそれぞれハットトリックとなる追加点を決めた。ディフェンスも体を張り相手に追加点を許すことなく、6-1でびわスポ大に勝利。開幕4連勝で順位決定トーナメントに進む。

 次節は11月12日、同会場にて順位決定トーナメント第1戦(対立命大)が行われる。

試合後のコメント
中村未波主将「台風で3週ぶりの試合となったが、しっかり勝ち切ることができた。まだ残っている課題はあるが、レベルアップしていると感じた。全員が勝つためにトレーニングやミーティングを重ねられている。相手は前への推進力を持っているチームで、連携がうまくいかない隙をつかれて失点してしまった。来週からさらに厳しい戦いとなっていく。課題をみんなで努力して修正し、できたところは伸ばして必ず勝ちたい」

このページの先頭へ