2017%EF%BC%91%EF%BC%91%EF%BC%92%EF%BC%95%E5%A5%B3%E3%82%B5%E3%82%AB.jpg
<写真・試合後のあいさつをする中村主将(中央)>

 11月25日、姫路獨協大学にて、平成29年度関西学生女子サッカー秋季リーグ戦1部2部入れ替え戦が行われ、関学は大国大に0-1で敗北。2部残留となった。

 2部準優勝となった関学。相手は春に1部リーグで勝利している大国大だった。前半は序盤から両者の一進一退が続いた。しかし27分、ペナルティエリアでファールを取られ、PKで失点。1点ビハインドで試合を折り返した。後半もシュートは決まらず、最後の最後まで全員で粘るも得点はできなかった。0-1で、大国大に敗北し、2部残留。今試合をもって4年生は引退となった。

試合後のコメント
中村未波主将(総4)「いろいろ思いの込もった1試合だった。1年を通してみんなの悔しい顔ばかり見てきた。最後は笑顔を見たいと思ったが、力不足で勝たせることができず涙で終わってしまった。悔しい。主将として悩み、いっぱいいっぱいの毎日だった。でも振り返ると素敵な仲間と一緒に努力し、切磋琢磨して高みを目指した、貴重な1年間だった。後輩はインカレ出場を目指して前を向いて努力していき、来年は笑顔を見せてほしい」

このページの先頭へ