5月24日、伊丹スポーツセンターにて平成26年度関西地区大学2次トーナメント1回戦が行われ、関学は龍大に2―1で勝利した。
 試合は序盤から投手戦となった。関学の先発石井(教3)は7回まで幾度となくピンチを背負うもホームは踏ませない好投を続ける。その一方で、学も打線が振るわず無得点。迎えた8回表、失策で走者を出すと1死二塁からレフト線へ適時二塁打を浴び、ついに先制点を奪われる。しかしその裏、2死二塁で1番殿坂(経4)がレフト前へ適時打を放ち同点とした。さらに1-1の10回裏、8番網田(経2)の三塁打などで作った1死二、三塁のチャンスで、殿坂が前進守備の間を抜けるサヨナラライト前安打を放ち、勝負を決めた。関学は延長戦を制し、2-1で勝利。2回戦へと駒を進めた。

20140524%E3%81%98%E3%82%85%E3%82%93%E3%81%93%E3%81%86.JPG
<写真・サヨナラ打を放った殿坂>

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
龍大 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
関学 0 0 0 0 0 0 0 1 0 2
〇石井―網田

[三塁打]網田


試合後のコメント
主将津田佳祐(経4)「龍大が攻守共にレベルが高いことは分かっていた。先制されることも予想していたので、慌てることはなかった。今日は先発の石井が期待以上のピッチングをしてくれた。次戦も接戦になると思うので、どんな展開でも腰を据えて戦いたい」
サヨナラ打を放った殿坂厚志「バットに当てることにだけ集中した。打った瞬間、『抜けろ!』と思った。3年生の石井が頑張っていたので、4年生の自分がなんとしても助けてやりたかった」
10回完投の先発石井孝浩「とにかくチームが勝って、4年生と長く野球ができることにほっとしている。序盤はコントロールが定まらなかったが、終盤になるにつれてまとめることができた。先制点を取られてしまったことが反省点。今日の終盤のようなピッチングを次戦でもしたい」

140524semi-baseball.jpg

このページの先頭へ