20140917%E6%BA%96%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・適時打を放った小谷>

 9月17日、わかさスタジアム京都にて平成26年関西六大学秋季リーグ戦第2節1日目(対阪大)が行われ、関学は3-3で引き分けた。先発の石井(教3)は初回、スクイズと適時打で先制を許す。その裏、小谷(経3)の3試合連続となる適時打で1点を返すと、2回に相手のエラー、4回には再び小谷が適時打を放ち関学は逆転に成功。しかし7回に同点に追い付かれ、流れをつかめない。3―3で迎えた9回裏、2死満塁のチャンスを作るもあと一本が出ず、3試合続けての引き分けとなった。次戦、阪大戦2日目は18日、14時よりわかさスタジアム京都にて行われる。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
阪大 2 0 0 0 0 0 1 0 0 3
関学 1 1 0 1 0 0 0 0 0 3

石井―網田(経2)

試合後のコメント
主将村山智洸(社3)「今日はチャンスでの残塁が多く、守備では先頭打者をなかなか抑えられず、流れをつかめなかった。相手ピッチャーには打たされている感じがあった。石井は被安打こそ多かったものの、要所でしっかり抑えてくれた。リーグ戦でまだ勝利はないが、負けていないのも事実。明日こそ1勝目を挙げて、勢いに乗りたい」

140917semi-baseball.jpg

このページの先頭へ