9月26日、大阪府住之江公園野球場にて平成26年度関西六大学秋季リーグ戦第3節2日目(対神大)が行われ、関学は1-2で敗北した。
 2回表、関学は8番石井(教3)のスクイズで先制する。しかし4回裏に失策が絡み同点、7回裏に2死三塁から適時打を浴び勝ち越しを許してしまう。9回表に2死一、二塁の好機を作るも、あと一本が出ず、1-2で試合終了。今季初黒星となり、通算成績は2勝3分1敗となった。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
関学 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1
神大 0 0 0 1 0 0 1 0 × 2

●石井一網田(経2)

試合後のコメント
主将村山智洸(社3)「今までは何とか負けていなかったが、今日はそうならなかった。好機で打てず、守備も失点につながるミスが出てしまった。痛い敗戦だか、下を向いてもいられない。次節の同大戦は、今季で最も重要なカード。投手中心に試合を作る自分たちの野球はできるようになってきている。チームの悪い部分を減らしながら、良い部分を出していきたい」

140926semi-baseball.jpg


140926semi-baseball2.jpg

このページの先頭へ