20150425%E6%BA%96%E7%A1%AC.jpg
<写真・立命大戦で、サヨナラ勝ちを決め笑顔で喜ぶ蓬莱>

 4月25日、同志社大学京田辺キャンパスにて、平成27年度関西六大学準硬式野球春季リーグ順位決定戦行われた。関学は1試合目は関大に3ー9で敗れるも、2試合目は立命大に3ー2でサヨナラ勝利を果たした。
 関大戦の先発は中尾(社2)。前回の登板で完封勝利を果たした相手に対し、低めに制球された球で的を絞らせない。 打線は6回裏に4番小谷(経4)がライト方向への本塁打を放つなど3得点。この回、中尾に代打が送られ、6回1失点で試合を作り降板した。しかし、代わって登板した救援陣が誤算だった。7、8回に堀(教3)、石井(教4)が関大打線につかまり8点を奪われる。流れを失った関学は9回までなす術なく3ー9で敗れた。
 2試合目の相手は立命大。春季リーグ第2節で2敗を喫し、苦杯をなめた相手だ。2回裏に坂本工(商3)の儀飛で先制すると、今季初スタメンの蓬莱(教3)が適時三塁打を放ち関学は2点を先制する。
 先発の坂本工は緩急自在の投球で最優秀投手に輝いた貫禄を見せつける。6回に2点を失うも、7個の三振を奪う。7回1死二塁のピンチを招いたところで降板し、救援した河野(人4)が後続を抑え、勝ち越しは許さなかった。
 打線は9回裏、米田(人2)、佐藤拓(法2)が公式戦初安打を放ちサヨナラのお膳立てをする。続く蓬莱が2球目をレフト前に運び、試合を決めた。
 この試合の結果、関学、立命大、関大が1勝1敗で並んだ。抽選の結果、関学は2位となり5月4日の一次トーナメントへと進出する。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
関大 0 1 0 1 0 0 0 2 6 9
関学 0 1 1 0 0 1 0 0 0 3

 中尾、⚫︎堀、石井、河野ー網田(経3)
[二塁打]村山(社4)、網田
[本塁打]小谷

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
立命大 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
関学 0 2 0 0 0 0 0 0 3
 坂本工、◯河野ー網田 [二塁打]村山、佐藤拓 [三塁打] 蓬莱

試合後のコメント
主将村山智洸「2連勝することはできなかったが、2位に終われたことはポジティブに捉えたい。投手は坂本工、中尾の先発陣は確立できた。それに続く中継ぎ陣には不安が残る。打線も追加点を早めに取れるようチャンスを生かしたい。これからトーナメントが始まる。やってきたことに自信を持って、全日1勝という目標に向かって勝ち進みたい」

このページの先頭へ