20150504%E6%BA%96%E7%A1%AC.jpg
<写真・9回表、同点に追いつく起死回生の適時二塁打を放った佐藤拓>

 5月4日、関西学院大学第2フィールドにて、平成27年度関西地区大学1次トーナメント2回戦が行われ、関学は京学大に4ー2で勝利した。
 負ければ終わる全日を懸けたトーナメント初戦。雨という悪いコンディションの中、試合が行われた。先制点を奪ったのは京学大。2回裏、先発の中尾(社2)が3連打を浴び2点を先行される。なお無死二塁の場面で相手打者に二塁打を放たれるも、左翼手の小谷(経4)から上田星(教3)の中継プレーで本塁を刺し得点を与えない。その後も佐伯(法3)のファインプレーなどでピンチを切り抜けた。一方、関学打線は6回表に1点を返すも、チャンスを生かせずリードを奪えない。悪い流れのまま迎えた6回裏、中尾が無死満塁のピンチを招く。しかし、続く打者から見逃し三振を奪うと、後続も一ゴロ、空振り三振に打ち取りこの回を無得点に抑えた。
 迎えた9回表の攻撃。先頭の網田(経3)が中安で出塁し、続く村山(社4)の送りバントなどでチャンスを拡大する。そして2死三塁、一打同点の場面で代打の佐藤拓(法3)が起死回生の適時二塁打を放ち2ー2の同点のまま勝負は延長戦へ。関学の投手陣は中尾から河野(人4)、石井(教4)とつなぎ、11回から坂本工(商3)が登板する。エースの貫禄を見せつける圧巻の投球で三者凡退に抑え、流れは一気に関学へ。12回表、1死二、三塁のチャンスで4番小谷の犠飛、続く網田の左適時打などで2点を勝ち越した。最後も坂本工が締め、関学は4ー2で勝利をつかんだ。次戦は5月5日、関西学院大学第2フィールドにて2次トーナメント進出を懸けて大経大と対戦する。


  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
関学 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0 0 2 4
京学大 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

中尾、河野、石井、◯坂本工ー網田

[二塁打]佐藤拓、村山、小槙(文3)

試合後のコメント
主将村山智洸「一番は負けなくてよかった。全員でつかみ取った勝利だと思う。先発の中尾は粘って投げてくれて、6回の満塁のピンチも本当によく抑えてくれた。勝てた要因は最後まで集中を切らさなかったこと。9回の佐藤拓の二塁打は負けもよぎる極限状態の中で、最後まで諦めなかった結果だと思う。4年生もラストシーズンに懸ける思いがすごく伝わった。明日も勝って2次トーナメントへ進出したい」
先発を務めた中尾喬弥「先制点を取られたことは本当に申し訳ない。序盤は悪いコンディションに影響され、集中しきれなかった。3点目を取られなかったのは野手の人たちのおかげ。6回の無死満塁の場面では今までで一番ギアが入って、まだこの人たちと野球がしたいという気持ちが強かった。試合中にこんなに泣いたのは初めて。最高のチームだと思う。明日からも試合が続くが、先発、中継ぎ関係なく臨機応変に対応してチームに貢献したい」
9回表に同点打を放った佐藤拓実「いい緊張感の中で打席に臨めていた。狙っていたのはファーストストライク。先輩のためにという気持ちが強かった。準備を最大限にしてきた結果だと思う。ベンチに戻っても涙が止まらず、とにかくうれしかった。明日も出場したら思い切りの良さを出していきたい」
12回表勝ち越しの犠飛を放った小谷竜大郎「前の打席で三振していたので、とにかく前に飛ばそうと思っていた。相手投手はテイクバックが小さく、独特のテンポで打ちにくかった。チャンスではやっぱり安打で打点を稼ぐのが理想なので、まだまだ足りない。今日改めてトーナメントで勝つ難しさを実感したが、この勝利は大きい。勢いに乗って、結果にこだわっていきたい」

このページの先頭へ