%E6%BA%96%E7%A1%AC%E9%80%9F%E5%A0%B1%E7%94%A8.jpeg
<写真・2試合連続で好リリーフを見せた古澤>

 4月1日、わかさスタジアム京都にて平成28年度春季リーグ戦第2節2日目が行われ、関学は同大に2ー2で引き分けた。
 関学は初回、先頭打者のアントニアンズ(商3)が出塁し、網田(経4)、吉岡(商3)の連続安打で先制点を奪う。3回に同点に追いつかれるも、その裏に網田(経4)の適時打で1点を勝ち越した。5回に先発の中尾(社3)が同大打線に捕まり、またも同点に追いつかれ試合は振り出しに。救援した古澤(文2)は毎回、得点圏にランナーを進められるも無失点に抑え、関学は2試合連続の引き分けで第2節を終えた。
 次戦は4月7日、大阪市南港中央野球場にて第3節1日目(対立命大)が行われる。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
同大 0 0 1 0 1 0 0 0 0 2
関学 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2

中尾、古澤ー網田
[二塁打]辻本(商4)、網田

試合後のコメント
主将佐伯和哉(法4)「ピンチの連続だったが、こういう試合展開でどう勝つかはずっとやってきたこと。守備においてはやってきたことが出せた。2戦とも引き分けとなってしまい、悔しいが後悔しても仕方がない。次戦の相手である立命大は3年間リーグ戦で勝ったことがない相手。ずっと立命大のピッチャーに対して照準を合わせてやってきたので自信をもってやりたい」
5回途中から好救援をした古澤圭太「今日は調子もいい方でツーシームがコーナーに決まっていたと思う。ピンチもあったが守備を信頼し、真ん中だけには投げないように気を付けた。立命大でもピンチは多いと思うが、次戦でもしっかり腕を振ってベストピッチングをしたい」

このページの先頭へ