160819%E6%BA%96%E7%A1%AC%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・掛け声に合わせ、入場行進をする選手たち>

 8月19日、宮城県仙台市民球場にて文部科学大臣杯第68回全日本大学準硬式野球選手権大会の開会式が行われた。
 2年ぶりの出場となった関学。2005年以来の優勝を目指し、あす20日の9時より横国大との初戦を迎える。

開会式後のコメント
主将佐伯和哉(法4)「開会式を終えて、チーム全体の気がより引き締まった。選手のコンディションは良く、決勝までの5連戦を戦い抜く体力もある。(初戦の横国大は)攻守ともに隙のない野球をする印象だが自分たちのプレースタイルを変えるつもりはない。日本一を獲るためにこれまでやってきた。あとはやることをやるだけ。部員全員が応援してくれているので関学準硬式野球の究極の姿をグラウンドで体現したい」

このページの先頭へ