160915%E6%BA%96%E7%A1%AC.jpg
<写真・開幕投手を務め、5回2安打1失点に抑えた中尾>

 9月15日、わかさスタジアム京都にて平成28年度関西六大学秋季リーグ戦第1節1日目が行われた。新チームで挑む最初の公式戦となったが、関学は阪大に2ー2で引き分けた。
 開幕投手を務めたのは自身5回目のリーグ戦の登板となる中尾(社3)。3回まで一人も走者を出さない好投を見せ、流れをつくった。関学の攻撃は3回、1死からアントニアンズ(商3)が四球で出塁。そして次打者の松本(社3)の打席で、一塁へのけん制球が逸れた間に三塁まで進塁した。その後、2死一、三塁のチャンスで藤田(経3)が相手の失策を誘い、1点を先制。しかし4回に、先発中尾が四球によりこの日初めて走者を許すと、続く打者の適時打により試合を振り出しに戻される。中尾は5回1失点で降板し、6回から柳川(経3)が登板。先頭打者に安打を許すと、四死球により2死満塁のピンチを背負ったところで古澤(文2)が救援し、1球で二飛に打ち取りピンチを切り抜ける。8回には一時勝ち越されるも、その裏藤田(経3)が二塁打で出塁。宮本(経3)の送りバントで三塁まで進塁すると、石村(法3)の犠飛で同点とする。9回も古澤が投げ続け、三者凡退に打ち取り流れをつくるも、反撃できず。そのまま試合終了となり、2ー2で開幕戦白星を飾ることができなかった。
 次戦はあす同会場にて第1節2日目(対阪大)が行われる。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
阪大 0 0 0 1 0 0 0 1 0 2
関学 0 0 1 0 0 0 0 1 0 2

中尾、柳川、古澤ー川端(文2)
[二塁打]藤田

藤田惠輔主将「優勝を目指す中で、勝ちたい試合だった。守りに入ってしまい、攻めの野球ができなかった。緊張はあったが、いい緊張感になり雰囲気はよかった。前のチームから選手も変わり公式戦初出場の選手もいた中で良くやれていたと思う。次戦は先手を取って、攻めていく野球をしたい」
開幕投手を務めた中尾喬弥「開幕戦で緊張はあったが、投げさせてもらっているうれしさを感じて序盤は投げられた。5回の1失点は本当に情けない。もっと長い回を投げるのが自分の仕事。今日の引き分けは悔しくて、申し訳ない。日本一までチームを連れていくために、何が必要なのかを改めて考えて課題を修正したいと思う。今季は関西選手権に出場したいので、次の神大戦では結果を残したい」

このページの先頭へ