20160930%E6%BA%96%E7%A1%AC.jpg
<写真・同点となる犠飛を放ったアントニアンズ>

 9月30日、大阪市南港中央野球場にて平成28年度関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦第3節2戦目が行われた。関学は立命大と対戦し3ー3で引き分けた。
 先発を務めたのはこれまで中継ぎ起用だった彦野(経3)。立ち上がり早々、1死二、三塁のピンチを背負うも無失点に抑える。しかし、2回に1点を先制されると5回に追加点を許し降板した。6回から古澤(文2)が登板するが7回に1失点し0ー3とされる。関学打線は7回まで立命大の先発投手に凡退の山を築かれ、わずか2安打。しかし8回、古澤が失策で出塁するとアントニアンズ(商3)が四球、松本(社3)の安打で1死満塁のチャンスをつくる。久保田(商2)が押し出し四球を選びまず1点を返すと、続く藤田(経3)の適時打で2ー3とする。迎えた最終回、代打中谷(経3)、古澤が安打で出塁。2死二、三塁のチャンスでアントニアンズが犠飛を放ち同点に追い付く。その裏、古澤が無失点に抑え3ー3で引き分けのまま試合終了。関学は第3節を終え、通算成績を2勝2敗2分とした。
 次戦は10月6日、わかさスタジアム京都にて第4節1日目(対同大)が行われる。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
関学 0 0 0 0 0 0 0 2 1 3
立命大 0 1 0 0 1 0 1 0 0 3

彦野、古澤ー喜田(商2)

試合後のコメント
藤田恵輔主将「相手投手に抑えられていた試合展開からよく追い付いたと思う。前回はここぞでの1本が出ず、完封負けとなったが今回はチャンスをものにすることができた。投手陣が粘ってくれている中でバッター陣がこのまま終わっていいのかという声掛けもあり勝ちにこだわる姿勢があってこそ。2勝2敗2分という結果は勝てる試合を落としてしまったこともあり、悔しい。だが、チームとしては1試合1試合に成長を感じているのは確かなこと。次は同大と対戦するがミスをした方が負けるという意識で完璧なプレーを心がける。守りに入らず、チャレンジャーとして自分たちの野球をしたい」

このページの先頭へ