20170329
<写真・今季2勝目を挙げた先発の中尾>

 3月29日、わかさスタジアム京都にて平成29年度関西六大学春季リーグ戦第2節1戦目が行われ、関学は阪大に6-4で勝利した。
  関学は初回、1死から2つの四死球と暴投で二、三塁とすると5番吉岡(経3)の2試合連続となる先制適時打で2点奪取し。4回、先頭打者の7番藤田(経3)が四球を選び、その後3連打でこの回一挙3点を追加。中4日での登板となった先発の中尾(社3)は5回を投げて4安打1失点に抑える。6回に柳川(経3)、7回には津田(商3)が救援し、無失点に抑える。8回には久保田(商2)の適時三塁打で試合を決定づけたかと思われたが、最終回に登板した古澤(文2)が連打を浴び2失点。なおも得点圏に走者を背負ったが、後続を断ち6-4で逃げ切り開幕3連勝を飾った。
 次戦はあす、同会場にて第2節2戦目(対阪大)が行われる。

◯中尾、柳川、津田、古澤ー川端(文2)
[三塁打]久保田
[二塁打]川端

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
阪大 0 1 1 0 0 0 0 0 2 4
関学 2 0 0 3 0 0 0 1 × 6

試合後のコメント
藤田恵輔主将「先制点を取れたことは大きかったし、終盤でも追加点を奪えたのが良かった。決定打となったのは8回での久保田の三塁打。投打が互いに支え合った試合だったと思う。(先発した中尾について)日頃から心に熱いものを持って取り組んでくれている。きょうも自分の投球をしてくれた。昨秋抑えられた投手を打ち崩せたのは自信になったと思う。あすも相手より倒してやるぞという強い気持ちを持って、勝ちに行きたい」

このページの先頭へ