20170406.jpeg
<写真・今季2勝目を挙げた先発の古澤>

 4月6日、大阪市南港中央野球場にて平成29年度関西六大学春季リーグ戦第3節1戦目が行われ、関学は立命大に2-0で勝利した。
 今季2度目の先発での登板となった古澤。4回に1死満塁のピンチを迎えるも後続を打ち取り無失点。関学は5回、7番藤田(経4)が四球で出塁し、8番川端(文3)の犠打で2死二塁とすると、9番古澤(文3)と1番アントニアンズ(商4)の適時打で5試合連続で先制点を奪取した。古澤は9回を投げて7安打無失点に抑え、2-0で勝利。昨秋勝ち星がなかった立命大を倒し、今季4勝目となった。
 次戦はあす、同会場にて第3節2戦目(対立命大)が行われる。

◯古澤ー川端

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
関学 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2
立命大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

試合後のコメント
藤田恵輔主将「投手戦の中で古澤がよく投げてくれた。5回に先制点だけでなく追加点を奪え、いい攻撃ができたと思う。今日は今までと違い応援団がいなかったが、率先してメンバーに入っていない者が声を枯らしてまで応援をしてくれた。本当に心強かったし、絶対に勝たないといけないと思った。きょう勝てたがもっと詰められる部分はあるので、しっかりと見つめ直し挑戦者としてあすも臨みたい」

このページの先頭へ