S__32866319.jpg
<写真・3回無安打3奪三振の好投した柳川>

 5月3日、関西学院大学第2フィールド場にて関西地区大学準硬式野球一次トーナメントの1回戦が行われ、関学は大市大医学部に17-0で勝利した。
 初回、2番藤田(経4)が四球で出塁。その後、1死一、三塁の場面で本盗に成功し、1点を先制する。さらに、3回に1番アントニアンズが内野安打で出塁すると、打者一巡の猛攻で一挙7得点。先発の柳川(経4)は3回を無安打3奪三振の完璧な投球で相手打線を抑えた。打線の勢いは止まらず、4回と5回に合わせて8得点を挙げる。今季初登板となった濵(商3)、藤枝(教4)も無失点で抑え、規定により17-0でコールド勝ちとなった。
次戦はあす、同会場にて2回戦(対京産大)が行われる。

◯柳川、濱、藤枝ー川端(文3)、喜田(商3)

試合後のコメント
藤田恵輔主将(経4)「何より勝てて良かった。1巡目は同じような飛打が多かったが、2巡目から修正できた。でも、それを1巡目から修正しないといけない。リーグ戦が終わってから2週間弱、バットを振り込んできた成果は出せたと思う。次戦は強い相手だが思い切ってやりたい」

このページの先頭へ