IMG_0774.JPG
<写真・2季連続で開幕投手を務めた古澤>

 9月21日、大阪市南港中央野球場にて平成29年度関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦の第2節1戦目が行われ、関学は神大に5-2で勝利した。
 春季リーグ戦に続き開幕投手を務めた古澤(文3)だったが、初回に先制点を許す。取り返したい関学は得点機をつくれないまま迎えた4回。2番金子(社3)が安打で出塁し、盗塁を成功させ1死二塁とすると、4番川畑(社3)の適時打で同点に追い付く。続く5回、1死満塁のチャンスで金子の適時打、3番久保田(商3)の犠飛、5番建畑(理2)の適時打で5-1と勝ち越しに成功。先発古澤は6回でマウンドを降り、7回から山崎(経2)、濱(商3)、田中駿(商1)の継投策で逃げ切り、5-2で開幕戦白星を飾った。
 次戦はあす、同会場にて2戦目(対神大)が行われる。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
神大 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2
関学 0 0 0 1 4 0 0 0 × 5

◯古澤、山崎、濱、田中駿ー川端(文3)
[三塁打]平井(商3)
[二塁打]建畑、久保田

試合後のコメント
川端一寿主将「公式戦1戦目ということもあり、入り方が難しかったが投手の古澤を中心に守れていたと思う。先制はされたが、追う展開はこれまでの練習試合でもよくあったので焦りはなかった。勝てはしたけれどもっともっとできるはずだし、成長していけると思う。スタメン5人、継投した3人もリーグ戦経験がなく、まだ自分たちの戦い方を確立できているわけではない。これから戦っていく中で、一戦でも早く普段通りのことが出せるようにやっていきたい」

このページの先頭へ