170928%E6%BA%96%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83.JPG
<写真・チームで唯一2安打を記録した建畑>‬

‪ 9月28日、大阪市南港中央野球場にて平成29年度関西六大学準硬式野球秋季リーグ戦の第3節1戦目が行われ、関学は同大に2-9(7回コールド)で敗れた。‬
 今季2度目の先発を務めた中村祐(商2)は2回に右越え本塁打で先制を許す。続く3回に1死から失策で出塁を許すと、連打で3失点。追い付きたい関学だが、5回まで相手先発の富永に1安打に抑えられる。8点差から6回、金子(社3)、建畑(理2)の適時打で2点を返すも、規定により7回コールドで今季初黒星を喫した。
 次戦はあす、同会場にて第3節2戦目(対同大)が行われる。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
関学 0 0 0 0 0 2 0 × × 2
同大 0 1 3 0 4 0 × ×

●中村祐、濱(商3)、山崎(経2)、田中勇(商1)-川端(文3)
[二塁打]建畑

試合後のコメント
川端一寿主将「格上だからロースコアゲームに持ち込むしかなかったが、エラーにはならない守備のミスもあり、流れを止められずビッグイニングを作ってしまったのが敗因。決め手の変化球やボールを低めに集められる制球力を持つ富永に対して、学ぶべきところはたくさんある。ただ、悔しい負けにするのではなくなんで負けたのか、どう改善していくのかを考えないといけない。あす勝てばリーグ優勝にぐっと近付くので、切り替えて前を向くしかない」

このページの先頭へ