ホーム > 大学スポーツ > 関学スポーツ > ホムペノキカク


 2月14日、2009FIGHTERSの締めくくりとなる壮行会が、高等部礼拝堂にて行われました。



鳥内監督の挨拶
「今年はつらい思いをしてどん底を味わったと思うが、この経験は社会へ出ても困難にぶつかった時に活かされるはずである。関学ファイターズ出身であることは、社会に出ても言えることで、プライドを持ってやっていってほしい。2010年のファイターズは例年よりも早く始動した。今年も一試合一試合、手を抜けない戦いになると思う。卒業生は体を後輩に貸してあげて欲しい。私たちは「勝つこと」を目的にしてやっている。ファンクラブの皆様、OBの方々1年間ご支援ご指導ありがとうございました。今年も応援よろしくお願い致します」

前主将・新谷太郎の挨拶
「昨年は『立命館に勝って日本一』という目標を掲げ、立命館に勝つことは達成できました。しかし『日本一』という目標は達成できませんでした。その責任は自分にあったと思っています。この目標は後輩に託し、また新主将の平澤を中心に新4年生がチームを導いてくれると確信しています。最後になりましたが2009ファイターズをご指導していただきありがとうございました。また、チームメイト、コーチ、両親に感謝しています」

新主将・平澤徹の挨拶
「今年の目標は『日本一』です。ファイターズは絶対に負けてはいけないチームです。スローガンにもなっている『Pride』を懸けて、戦っていきます。1年間、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します」

新幹部紹介

主将・平澤徹


主務・柚木一平


副将・垣内洋輔


副将・松原弘樹


副将・善元将太

また、壮行会では各賞の受賞者が発表されました。



大月杯・森谷周一
領家杯・古下義久
アンサングヒーロー賞・小寺悠太
スペシャルチーム賞・池田利充
特別賞・河野功
特別賞・高野邦裕






(企画:編集部 協力:アメリカンフットボール部 取材・製作:松元千明/岡崎心/妹尾拓司/浜出麻央)