150329%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%88%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・レース終盤、ラストスパートをかける男子舵手つきフォア>

 3月29日、埼玉県戸田ボートコースにて第64回お花見レガッタ2日目が行われた。1日目の結果により出場した関学全クルーは準決勝に進めなかったクルーで行う順位決定戦へ。1日目同様、関学は関東の強豪たちに苦戦を強いられた。しかし、男子舵手つきフォアは同じレースに出場した上位チーム5艇を押しのけ見事1位を獲得。5月に行われる朝日レガッタに向け、クルーたちにとって自信のつくレースとなった。結果は以下の通り。

女子シングルスカル
宮本寧々(法1)
4分42秒01で6艇中5位。

女子ダブルスカル
関西学院大学B{平松(経3)、土居(教1)}
4分18秒40で6艇中6位。

関西学院大学A{中村(法3)、高田(法1)}
4分05秒18で6艇中6位。

男子舵手つきフォア
{C:松井(商2)、S:中村(理1)、3:舘林(社1)、2:原戸(人2)、B:川添(法2)}
3分34秒97で6艇中1位。

男子エイト
{C:大下(社1)、S:中山(商1)、7:八木(法2)、6:藤川(経2)、5:原田(社3)、4:山下(経2)、3:高雄(経1)、2:若崎(商2)、B:小坂(商3)}
3分10秒91で6艇中6位。

試合後のコメント
主将原田大地「全体的に関東との差を感じたが、女子は最後競っていたので、これからも勝負できると思った。今大会に出場してこうしたらもっといいのではというイマジネーションが生まれたので、この時期に関東の大会に来てよかった。朝日レガッタでは決勝進出を目標に、悔いのないレースをしたい」
男子舵手つきフォア・クルーリーダー川添裕士郎「昨日よりタイムが上がって、僕らより上位のチームに勝ててよかった。 勝因は気持ちの面もあるが、横で並走していたマネージャー3人の声が聞こえたことで頑張ろうと思った。個々でスキルアップをして関西勢との試合となる朝日レガッタでも結果を出したい」

このページの先頭へ