20170702%20%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%88%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・2秒差で惜しくも予選敗退となった対校男子エイト>


 7月2日、大阪府立漕艇場にて平成29年度関西選手権競漕大会が行われた。2日目となったきょうは、男子エイトの敗者復活戦、その他準決勝、オープン戦が行われた。関学から準決勝に女子シングルスカル1艇、男子舵手つきフォアに1艇が出場し、オープン戦に女子ダブルスカル2艇が出場した。
 女子シングルスカルの高田(法4)、男子舵手つきフォアともに、準決勝敗退。敗者復活戦に臨んだ対校男子エイトも、京大に2秒及ばず予選敗退となった。


詳しい結果は以下の通り

女子シングルスカル
高田(法4)
4分51秒96
→6艇中3位、準決勝敗退

男子舵手付フォア
{c大下 (社4)、S 北中 (商4)、3 松田 (商3)、2 野武 (商2)、B 舘林 (社4)}
3分31秒44
7分34秒06
→準決勝敗退

男子3rdエイト
{c蓮澤 (経2)S 東郷 (社2)7 松田 (理2)6 芳川 (法1)5 川井 (人2)4 土田 (経2)3 長野 (商1)2 堀川 (総3)B 石川 (総2)}
7分07秒50
→5艇中4位で敗者復活戦敗退

対校男子エイト
{c来田 (人3)S 越智 (経2)7 深田 (商3)6 中山 (商4)5 三谷 (総2)4 岸田 (法3)3 高雄 (経4)2 中村 (理4)B 泉 (法3)}
6分33秒34
→5艇中2位で敗者復活戦敗退

女子ダブルスカルA
S 黒川 (教1)
B 重松 (国2)
9分46秒31
→6艇中6位

女子ダブルスカルB
S渡辺 (社2)
B 山口(文2)
9分21秒27
→6艇中4位

試合後のコメント
高雄大雅主将「どの艇もあと一歩が届かず決勝にあがることができなかった。2秒差など、タイムも迫れてることでチームとして実力は上がってきていると思うけど、悔しさは大きい。インカレまで2ヶ月間、後輩のためにも勝つためにできることを全力でやっていきたい」

準決勝に出場した高田「今の自分の実力は全て出し切れたと思う。前半の入りはすごく良かったし、自分のリズムで漕ぐことができていた。ただ、もっとがむしゃらに漕いでいきたい。インカレでは、結果を残して、後輩のために、頑張れば勝てるということを証明したい」

準決勝に進出した男子舵手つきフォアの大下「組んでから1ヶ月の中で、成長することができたと思う。勝ちきれない差は、パワーが足りていない点。インカレでは2013年以来準決勝に上がった艇がないので、準決にあがって関学を勢いづけられるようにしたい」

このページの先頭へ