9月20日、大阪府マリンテニスパーク北村にて平成26年度関西学生ソフトテニス秋季リーグ戦が行われた。男子は関外大に4ー1、大体大に5ー0で勝利し、立命大に2ー3で惜敗した。また女子は天理大、金蘭大に2ー1で勝利し、立命大に1ー2で敗北した。男女共に立命大にフルセットまでもつれ込むなど接戦を繰り広げるも、あと一歩及ばなかった。明日行われる2試合で、関学は優勝を狙う。

試合後のコメント
主将富山祥太郎(社3)「初日は内容的に良い試合だった。各学年がみんな頑張ってくれた。応援もだらけずに上が引っ張っていてよかった。立命大にも良い試合はできたがあと一押しが足りない。まだ優勝する可能性もあるので、今日の試合のように明日も向かっていきたい」
女子主将山田直緒(人3)「チームがまだ仕上がっていない状況で臨んだ今大会だったが、良い試合をしてくれた。立命大には敗北したが、守りではなく攻めた負けだった。また応援も盛り上がり雰囲気が良かった。明日も強豪校との対戦だが、負けたら最下位の可能性もある。何が起こるか分からないので、勝ちにこだわっていきたい」

このページの先頭へ