20140921%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%86.jpg
<写真・表彰を手に笑顔を見せる女子部員たち>
 
 9月21日、大阪府マリンテニスパーク北村にて平成26年度関西学生ソフトテニス秋季リーグ戦(2日目)が行われた。関学は男子が3位入賞、女子が春に続く関西準優勝を果たした。

〈男子〉
第4戦 対同大 2勝3敗
D1 雁金(人1)・平久保(人3)1ー4
D2 藤木(商2)・樫本(社3)4ー3
S 辻(教2)0ー4
D3 富山(社3)・掃部(商1)1ー4
D4 岡田(社2)・藤岡(商3)4ー2

第5戦 対天理大 4勝1敗
D1 雁金・平久保 4ー0
D2 藤木・樫本 4ー1
S 辻 2ー4
D3 富山・掃部 4ー2
D4 岡田・藤岡 4ー0

〈女子〉
第4戦 対松陰女大 1勝2敗
D1 秋田(社1)・岡脇(文2)0ー4
S 岡本(社4)3ー4
D2 河浪(人2)・内山(文3)4ー1

第5戦 対関大 2勝1敗
D1 山田(人3)・黒田(法1)0ー4
S 岡本 4ー0
D2 河浪・内山 4ー2

試合後のコメント
主将富山祥太郎「春に向けていろいろなことを試すことができた。(昨日の)立命大戦で負けたことは悔しいが、僕らを1部に上げてくれた先輩たちがいいものを残してくれたと思う。試合も応援も良い雰囲気で楽しくできたので、キャプテンとしてうれしい」
女子主将山田直緒「新幹部となって初めての試合だったが、やっぱり岡本さんの存在が大きかった。でも1年生も十分戦力になることが分かったし、河浪・内山ペアも踏ん張ってくれたので良いスタートは切れたと思う。楽しく、そして勝ちにもこだわるテニスができるチームにしたい」

140921softtennis-w.jpg


140921softtennis-m.jpg

このページの先頭へ