150808%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・強豪早大ペアを破った河浪(右)・内山>

 8月8日、山形市総合スポーツセンターテニスコート他にて第70回三笠宮賜杯全日本学生ソフトテニス選手権大会(2日目)が行われた。関学からは男子4組、女子3組が2日目に勝ち進んでいた。そのうち河浪(人3)・内山(文4)ペアが、インカレ3連覇中の小林(早大)擁する優勝候補ペアをファイナルの末破り、ベスト16に進出。関学から唯一の3日目に残留を果たした。その他の結果は以下の通り。

<ベスト32>
古賀(教2)・平久保(人4)ペア

<ベスト64>
岡田(社3)・藤岡(商4)ペア
辻(教3)・石津(教3)ペア
藤 木(商3)・樫本(社4)ペア
清水(経4)・岡脇(文3)ペア

試合後のコメント
強敵を破りベスト16入りを果たした河浪・内山ペア「全然実感はない。まさか勝てるとは思っていなかった。チームメートの応援が力になって、大事なときに粘ることができた。明日も1試合1試合気を引き締めて、優勝を狙って頑張りたい」

このページの先頭へ