150809%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9%E9%83%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1.jpg
<写真・唯一関西から入賞を果たした河浪・内山ペア>

 8月9日、山形市総合スポーツセンターテニスコートにて第70回三笠宮賜杯全日本学生ソフトテニス選手権大会(3日目)が行われた。関学から勝ち残っていた河浪(人3)・内山(文4)ペアは準々決勝、準決勝に勝ち進むも、準決勝で強豪早大のペアにファイナルゲームの末惜敗。全国ベスト4となった。

試合後のコメント
関学5年ぶりのインカレベスト4となった河浪佑・内山文乃ペア「結果だけ見たらすごく良かったが、やっぱり悔しい気持ちも大きい。関東はうまくてミスが少なくやりにくかった。関東のチームは静かに試合するが、関学は後ろ でみんなで盛り上がってくれて、応援がすごく自分たちの力になった」

このページの先頭へ