20151101%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%86%E7%94%B7%E5%AD%90.jpg
<写真・準々決勝でハイタッチを交わす古賀(左)と中村>

 11月1日、京都府同志社大学京田辺キャンパスにて平成27年度関西学生ソフトテニス新人大会2日目が行われた。関学から出場した7組のうち、ベスト16に進出した3組の試合が本日行われた。その中で古賀(教2)・中村健(経2)ペアが5回戦を突破。準々決勝で敗れるも、ベスト8となった。

<その他の主な成績>
ベスト16
鴈金(人2)・掃部(商2)ペア
吉川(法1)・浦東(教1)ペア

試合後のコメント
ベスト8となった古賀勇哉・中村健太郎ペア「安心して勝てる試合が意外となく、最後まで気が抜けなかった。同じ高校出 身ということもあり、お互いのことは何も言わなくても分かるのでとてもやりやすかった。優勝を狙っていたが、まだ初歩的なミスが出てしまうので突き詰めていかなければ勝てないと思った」

このページの先頭へ