20160417%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%86%E5%A5%B3%E5%AD%90.jpg
<写真・ベスト16に進出したルーキー永尾>
 
 4月17日、同志社大学多々羅キャンパスにて平成28年度関西学生ソフトテニスシングルス選手権大会(2日目)が行われた。2日目の今日はベスト32以降のトーナメント戦が行なわれた。
 関学女子からは5名が2日目に残留。そのうち、永尾(社1)がベスト16、河浪(人4)、秋田(社3)、大森(文3)の3名がベスト8となった。以上4名はこの結果により全日本インカレのシングルス出場権を手にした。

試合後のコメント
今大会で昨年準優勝した女子主将河浪佑「今日は調子が悪く、勝っても負けても得るものが少なかった。風も強く、 思い通りにいかなくてもどかしかった。春季リーグ戦の目標は優勝だが、みんなが納得のいくテニスができれば結果はつながってくると思う。結果にこだわらず自分たちのテニスをしたい」
大学デビュー戦を関西ベスト16で飾った永尾雪花「今日はインカレ出場権獲得を最低ラインの目標にしていたので、達成できて良かった。西カレ、インカレに出場することが決まって、『やってやるぞ!』という気持ち。関学の活躍に貢献できる選手になりたい」

このページの先頭へ