160503%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・シングルスで出場し、きょう唯一全勝した大森優理>

  5月3日、大阪府マリンテニスパーク北村にて平成28年度関西学生ソフトテニス春季リーグ戦(1日目)が行われた。昨秋優勝校として臨んだ関学。初戦で千里金蘭大に2勝1敗で勝利を収めるも、続く天理大戦、神松大戦では1勝2敗で敗北した。あすは上位を目指し、巻き返しを図る。

試合後のコメント
女子主将河浪佑(人4)「個人的には自分のテニスができなくて1勝2敗で終わってしまい、みんなの気持ちに応えることができなかった。明日は向かっていくしかないと思うので開き直って切り替えたい。みんなで今日よりも盛り上がって、良い雰囲気でリーグ戦を終えたい」

このページの先頭へ