20160504%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg
<写真・全員で必死に声援を送る選手たち>

 5月4日、大阪府マリンテニスパーク北村にて平成28年度関西学生ソフトテニス春季リーグ戦2日目が行われた。2勝1敗で迎えた2日目。天理大に1勝4敗で敗れ、迎えた最終戦。1番手として出場した岡田(社4)・中村健(商4)ペアが勝利し、勢いづいた関学は4勝1敗で立命大に勝利。春季リーグ戦通算3勝2敗で3位となった。

試合後のコメント
主将岡田和則「全体的に思うようにいかず勝負どころで勝つことができなかった。1試合目に負けてしまい沈んでいたが、最終戦に自分が一番に出て次につなげられる試合ができたので良かった。今年のチームは技術も勢いもあるので、十分勝てる見込みがある。関西ダブルスでは同大に勝てるように頑張りたい」

このページの先頭へ