20160504%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG
<立命戦で勝利し、仲間とハイタッチを交わす選手たち>

 5月4日、大阪府マリンテニスパーク北村にて平成28年度関西学生ソフトテニス春季リーグ戦2日目が行われた。1勝2敗で迎えた2日目。勢いを取り戻し、立命大に3勝0敗で勝利するも、関大に0勝3敗で敗北。昨秋リーグ制覇した関学だが、通算2勝3敗で4位となった。

試合後のコメント
主将河浪佑(人4)「昨日はチームの雰囲気があまり良くなかったので、今日は目の前の試合のことだけを考えようと思って臨んだ。負けてしまったけれど次につながるいい試合になったと思う。昨秋優勝してみんなが優勝を意識しすぎてしまい、逆にプレッシャーになってしまった。今のチームは技術は十分あるので、これからは雰囲気づくりを大切にしていきたい」

このページの先頭へ