20160522%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG
<写真・ベスト16入りを果たした最年少ペアの中村・安田>
 5月22日、同志社大学多々羅キャンパステニスコートにて平成28年度関西学生ソフトテニス選手権大会(2日目)が行われた。関学女子は8組中4組が1日目のトーナメント戦を勝ち抜き、ベスト32に進出。本日さらなる上位を懸けて戦った。その中で河浪(人4)・黒田(法3)ペアが力を出せ切れずベスト32で敗退。秋田(社3)・佐伯(理4)ペア、大森(文3)・竹田(社2)ペア、中村(文1)・安田(人2)ペアが接戦を制しベスト16となった。また、2日目に進出した4ペアは8月に行われる全日本インカレの出場権を獲得した。

主な成績は以下の通り。

◇ベスト16
秋田・佐伯ペア
大森・竹田ペア
中村・安田ペア

◇ベスト32
河浪・黒田ペア

試合後のコメント
ベスト16入りを果たした安田朱里「2日目に残れてうれしかった。1つでも多く勝とうと思っていたが、最後の試合は流れがつかめず自滅してしまった。1、2年生のペアなので若さを生かして次も自分たちらしいテニスをしたい」
1年生ながらベスト16入りを果たした中村仁菜「昨日から流れがよく、番狂わせができたと思う。ペアの安田さんと声を掛け合って自分たちらしいテニスができた。次もこのペアで1試合でも多く戦えるように頑張りたい」


このページの先頭へ