20160710%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9%E9%83%A8%E5%A5%B3%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1%E5%86%99%E7%9C%9F.JPG

<写真・強烈なレシーブを放つ河浪>

 7月10日、三重県鈴鹿市立テニスコートにて平成28年度西日本学生大学対抗ソフトテニス選手権大会が行われた。関学の女子団体は大阪成蹊大に3ー0、同女大に2-1で勝利し、順調かと思われたが昨年3位の福岡大に0-2で敗北し、惜しくもベスト8で敗退となった。
 あすは平成28年度西日本学生選手権大会のダブルスが行われ、関学からは7ペアが出場する。

試合後のコメント
主将河浪佑(人4)「勝てた試合だったから悔しい。目標は優勝だったが、ミスが多く相手よりも早く攻めることができなかった。気持ちの面で劣っていたと思う。新チームが始まってまだ団体で結果を残すことができていないので、インカレではベスト4に入れるように頑張りたい」

このページの先頭へ