160806%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%B9%E9%83%A8%E7%94%B7%E5%AD%90%E9%80%9F%E5%A0%B1.JPG
<写真・力強いショットを放つ岡田>

 8月6日、福岡県三荻野庭球場にて第70回文部科学大臣杯全日本大学対抗ソフトテニス選手権大会2日目が行われた。この日はベスト8以降の対戦が行われた。初戦から強敵明大と対戦し、初めから流れを明大に持って行かれる。全力で食らいついたものの0ー3で完敗。団体戦は8年ぶりのベスト8で幕を閉じた。

【本日の試合結果】
準々決勝 対明大
藤木(商4)・浦東(教2)★2ー4
古賀(教3)・中村健(経3)★3ー4
岡田(社4)・掃部(商3)★1ー4

試合後のコメント
主将岡田和則「勝ちたかったけど負けてしまって悔しい。ただそれだけ。明大は若手が強い集団で、上級生の多い関学は気持ちで勝てるように戦ったが勝つことができなかった。昨年のインカレではベスト32で負けてしまったが、今年はそれよりも良い結果を残せたので後輩には何かを残せたんじゃないかと思う。あすのダブルスは公式戦最後の試合なので悔いが残らないように頑張りたい」

このページの先頭へ